診断結果 乗車禁止です。
クルマはタイヤの内側にあるローターを、ブレーキパッドで挟み込み、
その摩擦の力で止まります。
この挟み込むブレーキパッド(摩擦材)が磨耗して、ローターと直接金属接触を
起こしています。パッドがなくなっては車は止まりません。パッド不良なので修理工場へ。

ブレーキを何回かに分けて踏んでも、音が小さくならない、
または、大きくなる場合は「危険」の警告音だと思ってください。
そのまま乗ると、ブレーキの効きが悪くなったり、片方しかブレーキがちゃんと
効かなくてカーブでスピン!
大事故につながる可能性があります。ブレーキ関係の部品を全部交換しなければなりません。

即、専門家の判断が必要です。

ブレーキパッド[ブレーキパッド]

補足
ブレーキは定期的な点検が必要です。走行距離が少ないからといって安心はできません。
音の発生は警告であり、軽視できません。専門家のチェックが必要です。


ウィンドウを閉じる